山形県山形市蔵王温泉スキー場  地蔵山山頂 ~ ゴンドラ駅 「樹 氷」

2月15日撮影










樹氷のある風景

d0106628_11302048.jpg















(樹氷原に日が射して)

d0106628_11300711.jpg















d0106628_11295653.jpg















(冬山を行く一人の登山者)
d0106628_12002181.jpg
















(霧流れる樹氷原)
d0106628_11595920.jpg
















(だんだん近づくゴンドラ山頂駅)
d0106628_12001023.jpg









  ※ 天気の変わり目が、写真のチャンスとは聞いていましたが、その通りでした。目の前に開けれ風景が日の光によって、次々に変化していくのに感動して、
   しばらくの間、撮影していました。





# by 161212 | 2018-02-19 11:43 | Comments(0)

山形県山形市蔵王温泉スキー場 地蔵山頂付近 「樹 氷」

2月15日撮影
山頂付近は霧で真っ白でした。










熊野岳への縦走路
(まっすぐ行けば中央蔵王へ)

d0106628_10151336.jpg
















(樹  氷)

d0106628_10153866.jpg

















d0106628_10154977.jpg

















(少し青空が見えてきました。)

d0106628_10160185.jpg

















d0106628_10161210.jpg

















d0106628_10162221.jpg











   ※ 下山しようとしたとき、だんだん明るくなって、天候回復の兆しが見えてきました。
     


# by 161212 | 2018-02-18 10:28 | Comments(1)

山形県山形市蔵王温泉スキー場 「樹 氷」

2月15日撮影
この日は、麓は晴れていましたが、標高が高くなるにつれ霧に包まれたり強風が吹い
て、カメラを持って立っていられないほどでした。











ゴンドラ山頂駅(標高1,661m)から地蔵山山頂までの樹氷と景色

d0106628_14564514.jpg

















d0106628_14571376.jpg



















左に立っているのは、山頂までの道標

d0106628_14592157.jpg
















(地表の雪面は強風のためこんなになっていました。)

d0106628_14590322.jpg

















地蔵山山頂(標高1,736m)
(「ここまで来るのに遭難してしまうのかな」という思いで登りました。)

d0106628_15003667.jpg










   ※ ゴンドラ山頂駅から地蔵山山頂までの、標高差は100m未満ではありましたが、直登の上、積雪がありそれに風が強かったので、いつもよりは骨を折りまし 
    た。晴れていれば朝日連峰、月山、鳥海山がとてもきれいに見えますが、今回は白い霧におおわれ視界10mぐらいでした。
     




# by 161212 | 2018-02-17 15:34 | Comments(0)

山形県山形市蔵王温泉スキー場の 「樹 氷」

2月16日撮影











ゴンドラ山麓駅

d0106628_22230991.jpg

















私の乗ることになったゴンドラが、樹氷原駅から下りてきました。

d0106628_22231748.jpg

















山頂駅付近の樹氷
(このように雪氷の付いた樹氷は最近になく少なかったようです。)

d0106628_22232608.jpg

















コース案内

d0106628_22233634.jpg
















雪をかぶったお地蔵様
(積雪のため首から下は見えません。)

d0106628_22253311.jpg
















お地蔵様から山頂駅へ戻る途中
(どちらも女性です。仲良きことはいい哉)

d0106628_22245261.jpg











   ※ お地蔵様の実際の大きさは、蔵王地蔵尊は、安永4年(1775)、蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅東約100mに、諸願成就・災難よけとして宝沢の庄屋によって、
    37年もの長い歳月をかけ建立されました。
     高さ2.34m、肩幅1.2m、膝幅1.8m、台座の高さ0.34mの坐像で、安山岩でできたお地蔵さまです。(山形県観光協会HPから抜粋)
     雪のない時の写真は、山形県観光協会HP)をご覧ください。




# by 161212 | 2018-02-16 22:46 | Comments(0)

ピョンチャンオリンピック 女子スキージャンプ「高梨沙羅さん」銅メダル受賞おめでとうございます。











2012年3月12日蔵王スキージャンプ場にて撮影

中学二年生の高梨選手左端
(優勝者はサラ ヘンドリックソン 選手)

d0106628_11413498.jpg















昨夜(2月14日)撮影

銅メタル決定後
(涙を見せる高梨選手)

d0106628_11431696.jpg

















表彰台にてにっこり喜びを表す高梨選手
(初めて彼女の微笑んだ顔を見ました。)

d0106628_11430632.jpg

















銅メダルを決めたジャンプ
(テレビの録画)

d0106628_11425044.jpg
















この日の夜の番組で

d0106628_11423623.jpg

















松岡修三氏と

d0106628_11421033.jpg

















(張り紙は全国から寄せられてメッセージです。)

d0106628_11415449.jpg











   ※ 無断でテレビ番組を許可なく撮影し、ブログに載せたことを各テレビ会社のみなさんにお詫び申し上げます。
  
     私は数年前までスキーをしていてて、毎年、蔵王スキー場にスキーをするのとと樹氷を見るために、年3回ぐらいは通っていました。
    2,012年3月12日も例年の通り出かけ、現地で女子ワールドカップが行われるの知って蔵王の竜王ゲレンデに行って撮影しました。高梨選手のジャンプも撮りまし
    たが、ハードデスク内で行方不明です。
     その日のお昼、昼食をとるためラーメン屋に入ったら高梨選手がいて、彼女の前には小学生らしき子どもたちが5~6人、サインを求めて並んでいました。私も
    並んで待ちました。サインをしてもらう紙を持ち合わせていなかったので、スキーのインナーウエアに書いていただきました。
     書くのに用いたペンが「油性」ではなく「水性」だったためか、その後洗濯を何回かするうち消えてしまいました。残念です。
     蔵王で出会ってから、テレビでの「追っかけ」になり、テレビで放映されるたびに見ていました。来年は蔵王でのワールドカップをしっかり観戦し、写真を
    撮ってブログに掲載します。

     高梨選手、これからも応援しています。ぜひ北京での金を期待しています。




# by 161212 | 2018-02-15 12:51 | Comments(0)