<   2007年 05月 ( 55 )   > この月の画像一覧

福島県下郷町観音沼

 檜原湖から会津高田町(現美里町)の伊佐須見神社に行きましたが、アヤメが咲いていなかったので、大内宿に行きました。次に、同じ下郷町の観音沼に行きました。
 この沼には、「みつがしわ」がたくさん咲いていました。山の中の静かな沼です。
d0106628_4174618.jpg

d0106628_420192.jpg
d0106628_4201756.jpg

by 161212 | 2007-05-31 04:20 | Comments(4)

福島県下郷町大内宿

 明日から、アップロードを開始することにしましたが、昨日、途中でカメラを落として、使用不能になったため、3:00に出発し、7:40には帰宅しました。                   
南会津へは、檜原湖の次は大内宿でした。

 江戸時代、会津若松から栃木県日光市今市の間を行き来する、南山街道というのがあって、大内地区は宿場だったそうです。宿場の雰囲気を醸し出すこの地区は、道路を挟んで、両側には茅葺きの家が並んでいて、初めて来たときはタイムスリップして、当時の世界に入り込んだようでした。
 なお、ここの道路は砂利道です。
d0106628_83740.jpg

d0106628_833197.jpg

d0106628_835464.jpg
d0106628_842526.jpg

 右側、左側の順でアップしました。 
by 161212 | 2007-05-30 08:06 | Comments(11)

アップロード休止のお知らせ

 22・23日は南会津でしたが、29・30日からは、北会津、特に、雄国沼と喜多方市熱塩加納地内の姫小百合の群生地を見てきます。
 雄国沼は、6月1日から交通規制により、マイカーでは上れなくなるので、沼の駐車場金沢峠に、ホテル三菱デオンに宿泊し、早朝の雄国沼を撮りたいと思います。
 
 再開は、31日早朝です。
by 161212 | 2007-05-28 21:05 | Comments(4)

裏磐梯檜原湖

d0106628_20494867.jpg
d0106628_2050128.jpg
d0106628_20501485.jpg

 
 22・23・24日は、おもに南会津方面をー秋元湖 → 檜原湖 → 伊佐須見神社 → 大内宿 → 観  音沼 → 駒止湿原 → ミニ尾瀬 → 矢ノ原湿原 → 柳津虚空蔵 と巡ってきました。
 順次、アップします。
 
 3枚目は、檜原湖道の駅から喜多方市方面へ少し下がったところからの飯豊連峰遠望です。
by 161212 | 2007-05-28 20:53 | Comments(4)

茨城県常陸太田市西山荘

d0106628_20433129.jpg
d0106628_20435577.jpg


これで西山荘の写真を終わります。
by 161212 | 2007-05-28 20:46 | Comments(0)

茨城県常陸太田市西山荘

 1690年水戸光圀公は隠居された後、1700年に没するまで住んでおらた住居です。
 屋根の上には「いっぱつ」という、アヤメ科の花が咲いています。これは、光圀公が花の状態から湿度を調べ、火災予防や稲の生育の一助にしたそうです。
d0106628_349522.jpg

d0106628_3492913.jpg

by 161212 | 2007-05-28 03:49 | Comments(2)

福島市の大藤

d0106628_3385639.jpg
d0106628_3392245.jpg
d0106628_3393655.jpg


福島市の大藤は、これで終了します。
by 161212 | 2007-05-28 03:40 | Comments(0)

福島市の大藤

d0106628_5371855.jpg
d0106628_5373581.jpg


 似たような写真が続きますが、もう少し続けさせてください。
by 161212 | 2007-05-27 05:39 | Comments(6)

福島県本宮市蛇の鼻遊楽園

d0106628_5344910.jpg

d0106628_6344691.jpg


 これで、蛇の鼻の写真を終了します。
by 161212 | 2007-05-27 05:35 | Comments(2)

福島市の大藤

d0106628_515070.jpg
d0106628_5152439.jpg


 ここの藤の所有者の奥様は、見ず知らずの私たちにまで、親切にしてくれます。朝早くから無断で屋敷内に入り込んで、撮影しているのに、「お早うございます。」とあいさつして、休憩用の長いすの上を拭き、「ご自由にお飲みください。」と張り紙したポットにお湯を入れ替え、急須や茶碗を洗い「どうぞ飲んでください。」と言って、私たちと少しお話しをして「今日は田植えだから、忙しい。」と家の中に戻って行く。そんな奥様です。
 藤棚の下に入れるように、水路に金属製の編み目の蓋をかけてあります。屋敷内に無断で駐車しましたが、とがめられませんでした。今年は2日間通いましたが、2日間、同じように待遇して頂きました。 
 感謝の心でいっぱいです。
by 161212 | 2007-05-26 05:16 | Comments(8)