<   2007年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

日本100名山完投を目指して(白川郷・加賀白山・伊吹山・琵琶湖を巡る紀行写真)

国道360号線を通って、白川郷(岐阜県白川町荻町)につきましたが、360号線は、はじめは普通の国道のようでしたか、山の中にはいるにつれて、一車線にになり、見通しのきかない急カーブが十数カ所も連続したり、左側は千仞の谷のようで、心細いドライブでした。
白川郷は登山には、関係ありませんが、まだ行ったことがなかったのと、TVや写真集で見た風景が風情の感じるところのような気がして、写真を撮るために寄りました。
世界遺産である荻町合掌造り集落を眺められる城山展望台(城趾)の駐車場に一泊しました。福島市の自宅から16時間のドライブでした。

白川町神通川(川沿いに運転していたら、川から川霧が川いっぱいに上がってきました。午後4時頃です。)
d0106628_71561.jpg
d0106628_712318.jpg

白川町荻町「世界遺産合掌造りの集落」
d0106628_713840.jpg


 ※ ダブルクリックしてご覧ください。写真が大きくなって、、少しは良く見えるかと思います。
   なお、 地名等に間違いがありましたら、正しい地名をコメント欄に書き込んでください。訂   正したいと思います。
by 161212 | 2007-08-31 07:05

日本100名山完登を目指して(白川郷・加賀白山・伊吹山・琵琶湖への紀行写真)

只見川
d0106628_7143260.jpg
d0106628_7144688.jpg


只見川は、尾瀬ヶ原ではヨッピ川といい、その後只見川となり、平滑の滝・三条の滝を経ます。そしてこの流域には、奥只見湖(銀山湖)をはじめとして、たくさんの水力発電所が設置されています。

※ 帰途、北陸道の柏崎市地内を走っていて気が付きましたが、アスファルトで補修して      走れるようになってはいますが、数キロにわたって道路が断裂されたあとが見受けられ     ました。
  片側2車線ですが、1車線は震災復旧工事のために通行できませんでした。
  あらためて、中越沖地震のすさまじさを見たような気がします。被災者のみなさんの一     日も早い復興を祈っています。 
  「何かしなければ」という気持ちが強くなりました。
by 161212 | 2007-08-30 08:14

日本100名山完登を目指して(白川郷・加賀白山・伊吹山・琵琶湖への紀行写真)

私には、もう一つ趣味として、山登りがありました。6年前、その年一年間で右足のアキレス腱腱鞘炎を6回発症して、合計20日間松葉杖の生活を余儀なくされました。
その後は、激痛を伴う腱鞘炎が怖くて、山という山には一切登れずにいました。ところが今年、雄国沼や尾瀬沼に行った後でも、足の状態が悪くならなかったので、それまでに84山を登っていた100名山完登に再挑戦をしようと思い立ち、今回は「加賀白山」「荒島岳」「伊吹山」を目指しました。
ところが、白山に登った後、両足がひどい筋肉痛になったので、車で1,000mまで上がれる伊吹山を先に登って、少し様子を見てからと思いましたが、筋肉痛は良くならず、しかも足の指の爪を3枚ほど痛めて登山靴が履けない状態だったので、荒島岳は来年以降にしようと思い帰ってきました。
車から脇目運転で見たきれいなところや美しいところなども撮ってきましたので、撮った順にアップロードします。
(往路)  
 福島市(自宅)→会津若松市→会津柳津町→只見町(ここまで福島県)→新潟県小出町→上越市→糸魚川市→富山市→岐阜県白川市(合掌造りで有名な白川郷)→石川県白山市白峰→加賀白山→岐阜市→岐阜県関ヶ原市→伊吹山ドライブウエイ→伊吹山頂上駐車場→伊吹山→琵琶湖(米原市・湖北町など)
    ※ 全行程一般道    
(復路)
 福井市→新潟市→会津河東町( ここまでは北陸・磐越自動車道、ここからは一般道)→猪苗代町→土湯トンネル→福島市(自宅)
  
    ※ 山岳作家深田久弥氏著「日本100名山」
     
只見川
d0106628_658669.jpg
d0106628_6582494.jpg

by 161212 | 2007-08-29 06:58

福島市山口 曹洞宗安洞院

友人のお墓参りに行ったときに撮ったものです。
はす
d0106628_7123755.jpg
d0106628_7115033.jpg


 ※ しばらく出かけますので休載します。再開は、29日を予定しています。
by 161212 | 2007-08-18 07:12

尾瀬沼とその周辺の自然

尾瀬沼を中心に撮った写真のアップロードも、今日で最後です。日光きすげは不作のようしたが、天候に恵まれ、今まででは最高の尾瀬沼撮影行でした。

大江湿原(3本の落葉松) 例年、この落葉松周辺には、日光きすげがたくさん咲いて、とてもきれいですが、今年は不作のため、寂しいかぎりです。
d0106628_67491.jpg
d0106628_681588.jpg


燧ヶ岳
d0106628_684386.jpg


※ 画像をダブルクリックしてご覧ください。画像が大きくなります。 
by 161212 | 2007-08-17 06:09

尾瀬沼とその周辺の自然

大江湿原の3本の落葉
d0106628_6245063.jpg
d0106628_5505820.jpg

燧ヶ岳
d0106628_5511168.jpg


  ※ 画像をダブルクリックしてみてください。画像が大きくなります。


    昨日は、福島市は37,3度でした。これで猛暑日5日目です。お体には十分ご注意して     お過ごしください。
by 161212 | 2007-08-16 05:53

尾瀬沼とその周辺の自然

こんなに深い霧の中にいるのは、初めてです。霧は陽の光が射すとサーと消え、陰るとワーと湧いてくる。この繰りかえしが何回かあり、その度に風景の雰囲気が変わり、感動的なシーンが続き、その場にいた数十人の方達から、感動の声が漏れていました。
大江湿原(3本の落葉松)
d0106628_6265874.jpg

大江湿原東側(強い陽の光が射してきました。)
d0106628_6272310.jpg

燧ヶ岳(かすかに頂上が見えます。)
d0106628_6372412.jpg

 
 ※ 写真の右側に3点ほど、濃霧のために水滴が写り込んでいます。なお、画像をダブルクリッ   クすると大きな画像になります。


    ここ福島は、36度以上の猛暑日が続いています。今日も36度以上になる予想です。
    
    あらためて「残暑申し上げます。」お体には十分ご注意ください。
by 161212 | 2007-08-15 06:37

尾瀬沼とその周辺の自然

時間が立つにつれ、明るくなりましたが、霧は濃くなったり薄くなったりしていました。同じような写真ではありますが、霧の濃さ、明るさなどが微妙に違いますので、アップロードしました。
大江湿原の東側
d0106628_4202520.jpg

沼の北端(撮影地の目の前)
d0106628_4204383.jpg

撮影ポイントとして有名なあの三本の落葉松
d0106628_4211583.jpg

 なお、写真の右半分に3つほど、水滴が写っています。あまりにも霧が濃くて、レンズが濡れたのにも気づかず、撮り続けたものですから。
    
   ※ 画像をダブルクリックして見てください。画像が大きくなります。 
by 161212 | 2007-08-14 04:37

尾瀬沼とその周辺の自然

昨日までの尾瀬の自然は、7月27日に撮影したものです。                     今日からは、7月28日の早朝に撮影した写真をアップロードします。
昨夜のうちに、今朝の朝食のかわりにおにぎり弁当を作っていただき、4:00から撮影地(長蔵小屋の裏の沼の畔)に立ちました。
沼や湿原は、霧が深く立ちこめ、湿原・沼・燧は見えませんでしたが、徐々に明るくなり、風景が現れてきました。
撮った順にアップロードします。
d0106628_5592377.jpg
d0106628_5593524.jpg


※ 画像をダブルクリックすると画像が大きくなります。
by 161212 | 2007-08-13 05:55

尾瀬沼とその周辺の自然

この日の尾瀬沼・湿原は、天気が良すぎて雲はなく、空も沼も赤くなり、そのまま暗くなっていくだけでした。斜光が強すぎ、ゴーストやフレアが入るので、太陽を入れて沼の風景を撮ろうとしても、撮れませんでした。
空の夕焼けがそのまま沼に映り込んで、美しい風景になることを期待して、日没後、1時間は沼の畔で待っていましたが。
朝4:30にバスに乗車して沼山峠から沼に下りて撮影し、午後3:30~6:00まで、休憩・夕食、その後、沼の畔で7:30まで撮影。天候に恵まれ、合計10時間撮影に従事し、満足できた1日でした。
明日も天候が続くことを祈って、小屋で就寝しました。
明日からは、湿原・沼・燧の早朝の写真をアップします。

d0106628_6183149.jpg

d0106628_640039.jpg



   ※ 画像をダブルクリックすると画像が大きくなります。      
by 161212 | 2007-08-12 06:38