<   2009年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

深田久弥氏選「日本百名山」完登を目指して エピローグ      富士山剣ヶ峰(標高3.776m)

富士山頂 浅間大社奥宮
d0106628_14311833.jpg

d0106628_14316100.jpg

山頂から静岡方面を望む
d0106628_14313029.jpg


 日本100名山の思い出
   熊野古道とは知らずに登った奈良県大峰山脈「八経ガ岳」
   標高:1,915m ・ 2,007年10月15日登頂

 行者還トンネル西口から登り大峰山脈の尾根伝いにある大峰奥駆道まで急坂を登
り、弥山(標高1,895m)小屋まで行きました。小屋に荷物を置いて八経ガ岳
までを往復しました。
 小屋に掲示してある大峰奥駆道の説明を読んで、この日登ってきた八経ガ岳まで
の登山道が熊野古道の一つだと初めてわかりました。
 当時、世界遺産に登録されて新聞やテレビにクローズアップされ憧れていましたが、
「熊野古道」についての知識がなく、自宅に帰ってからいろいろ調べました。
 熊野古道は1つだけでなく6つあることがわかりました。
① 小辺路(高野山~熊野三山約70km) 
  ② 中辺路(田辺-熊野三山) 
  ③ 大辺路(田辺-串本-熊野三山 約120km) 
  ④ 伊勢路(伊勢神宮-熊野三山、約160km) 
  ⑤ 大峰奥駆け道(吉野-前鬼-熊野三山、約140km)
    ⑥ 紀伊路(熊野三山へ)
行者還トンネル西口から登って大峰山脈の尾根伝いにある大峰奥駆け道は熊野古道
の一つだったのです。上り下りには苔むした石段があったり、道には石が敷きつめ
てあったり、登山道が普通ではなく古色蒼然とした趣のある道でした。
 奥駆け道は吉野から熊野三山(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)へ
続く修験道です。多くの修行僧で賑わったらしく奥駆け道にはいくつかの宿があっ
たそうです。また、古くから麓の部落が古道の整備をしてきたそうです。
 弥山小屋の宿泊帳をみると登山の目的に「奥駆け」と記入している方も何人かい
ました。
八経ガ岳からは、山上ガ岳、大普賢岳、行者還などの大峰山脈の山並がみはっきり
見え、雄大で途方もなく続く熊野古道「奥駆け道」でした。
 私も、20年若かったら吉野から熊野三山へ駆け抜けて見たかったです。
なお、弥山小屋の食事は御嶽頂上山荘の次くらいにおいしかったです。
by 161212 | 2009-07-31 14:35 | Comments(0)

深田久弥氏選「日本百名山」完登を目指して エピローグ      富士山剣ヶ峰(標高3.776m) 

山頂 富士山浅間神社奥宮
神社鳥居と狛犬
d0106628_6205314.jpg

神社の上に現れた太陽(登下山中、ここだけで出会った太陽)
d0106628_621639.jpg

神社からの富士吉田・河口湖方面の風景(湖に雲がかかって見えません。)
d0106628_6211860.jpg
 
 ※ 浅間(せんげん)神社奥宮はこの山梨県富士吉田からの登山道沿いにもありますが、静岡県
   富士宮からの登山道にもあります。この二つの神社の関係を地元の観光協会に問い合わせま
   したがわからないとのことでした。

日本100名山の思い出
 楽して登った長野県「美しヶ原 王ヶ頭」・岩手県「八幡平」
  美しヶ原王ヶ頭 : 標高2,034m  2,002年 8月24日登頂
  八 幡 平 : 標高1,614m  1,993年10月10日登頂

 美しガ原は美しガ原自然保護センター付近の駐車場まで車で行き、そこから徒歩
25分で頂上の王ヶ頭(おうがとう)に着きました。美ヶ原全体が標高2,000mの広い
高原で牛の放牧場もあり牧歌的です。心がとても伸びやかになるようなところでした。
 また、この高原にはホテル、山小屋、ペンション、ガソリンスタンドさらには美術館も
あって高原リゾート的な雰囲気です。
 私はかつて新婚旅行でも美ヶ原に行ったことがあります。濃霧が立ちこめ景色も何
も見えない中を送迎のジープでホテルを往復したことがあります。はるか遠い昔のこ
とです。
次に訪れるときにはできるだけ下から自分の足で登りたいと思います。

 八幡平は、八幡平アスピーテラインを八幡平頂上駐車場まで車で登りました。駐
車場から20分くらいで頂上に立ちました。頂上は樹林帯の中にあって展望台に上
がって見渡しましたが、楽をして登ったためか何の印象もありません。
 ここももう一度紅葉真っ盛りの頃、温泉に入りながらゆっくり散策して頂上に立
ちたいと思います。
by 161212 | 2009-07-30 06:26 | Comments(0)

深田久弥氏選「日本百名山」完登を目指して エピローグ      富士山剣ヶ峰(標高3.776m) 

 富士山で遭難された2名の方のご冥福をお祈り致します。
  私たちは17日に富士吉田口(山梨県側)から登り、山小屋に一泊して18日に下山しました。
 上り下りともに雨と霧でしたが幸い風があまり強くなかったので無事に帰れました。
  TVの報道によるとお二人は、18日に富士宮口(静岡県側)から登り吉田口に下山の予定だったとか、
 強風による遭難かと聞きました。富士山頂は風が強いと遮るものがないので危険だと思います。

  また、今朝のテレ朝のスーパーモーニングではトムラウシ山遭難の検証の様子が放映されました。
 1m風が強くなると体感温度が1度下がることは登山に関する本で知っていましたが、「低体温症」に
 ついては初めてわかりました。私にも過去に思い当たることがあるので危険と裏腹に登ってきたことが
 あらためてわかりました。今後注意したいと思います。
 
富士山頂付近の風景
霧のかなたに人影見えました。
d0106628_9482996.jpg

近づいてみるとテレビの録画撮りの御一行様でした。
d0106628_948545.jpg

よく聞いてみると「TBS]のサカスの撮影とかご苦労様です。
d0106628_9501775.jpg

 ※ 富士山でいう山頂とは、一番高いところではなく噴火口の縁だそうです。
   一番高い剣が峰は「日本最高峰富士山剣が峰」略して「日本最高峰」というそうです。

日本100名山の思い出
  カニの横這い・カニの縦這いで歩いた北アルプス五龍岳から鹿島槍ガ岳縦走路の八峰キレット
    五 龍 岳  :標高 2,814m  1,998年7月25日登頂
    鹿島槍ガ岳:標高 2,889m  1,998年7月26日登頂

キレットと名の付いた100名山の縦走路は3つあります。北アルプス槍ガ岳~北穂高岳(~奥穂高
岳)と八ヶ岳(赤岳~権現岳)です。
 私は赤岳には登りましたが、八ヶ岳のキレットは歩きませんでしたのでわかりません。

この縦走路、断崖絶壁ような岩場を鎖や針金につかまって何度か上り下りし
ました。上り下りするのをカニの縦這いというそうです。
 縦走路の途中にあるキレット小屋に着いたときはホッとしました。小屋の正面には富士山が大きくま
るで額縁に入っているかのように見えました。
 キレット小屋はよくこんな切り立つようなしかも狭いところに建てたものだと感心しました。
翌朝4:00に小屋を出発してすぐにこんどはカニの横這いです。左側の岩肌に鎖が張られてあり右
は断崖絶壁、登山道は細く体は岩肌に吸い付くように鎖を命綱にして横にゆっくりゆっくり歩を進めまし
た。
谷底からはもうもうと霧が湧いて谷底が見えません。その霧の中たくさんの岩ツバメが飛び交い心細
い思いで歩きました。
 鹿島槍ガ岳は南峰と北峰の双耳峰で二つをつなぐ稜線がきれいな吊り尾根でした。ちょうど東京の代
々木体育館のつり屋根のようです。
by 161212 | 2009-07-29 09:49 | Comments(0)

深田久弥氏選「日本百名山」完登を目指して エピローグ      富士山剣ヶ峰(標高3.776m) 

8合目の風景
山小屋「元祖室」
d0106628_6493213.jpg

 ※ 小屋の前が登山道です。(どこの山小屋も同じです。) 
どこまでも続く荒々しい山肌と急登の登山道
d0106628_6494843.jpg

 ※ 8合目からが胸突き八丁、ここからが正念場です。 この写真は上から撮りましたが、
   じっと見ていると胸がすくむ思いです。
河口湖町と河口湖
d0106628_65027.jpg


 日本100名山の思い出
   15回も額平川(ぬかひらがわ)を渡渉して登った北海道日高山脈「幌尻山」
   (標高2,052m   2,002年7月7日 登頂)

 この山は2回目で頂上まで登れました。最初は1,996年8月18日です。台風が近
づいているのを知らずに、日高山脈の林道を1時間30分ぐらい走って林道終点駐車場
に着き 一泊しました。暗くなってから雨が降り始め夜通し降り続きました。
 「額平川を何回も渡渉するので雨が降ったら増水するので危険」というのをガ
イドブックで知っていたので、一晩車に泊まっただけで登らずに撤退しました。
 その後、ある100名山に関する本で、地元の平取町山岳会が毎年幌尻山の山
開きに全国から登山者を募って、山頂まで連れってくれるということを知りまし
た。早速ハガキで応募したら全国多数の応募者の中から抽選で選ばれました。
 沢歩き用のシューズを買いました。(このシューズは額平川の渡渉に使っただけ
です。)
集合場所の平取町振内公民館に集合して、山岳会が用意したバスで林道終点
から歩いて2時間もかかる取水口まで行くことができました。登山靴を沢用 のシュ
ーズに履き替え、山岳会の方の案内で川を何回も渡って幌尻山荘に着きました。
 この日は天気も快晴、さわやかな感じの水温でルンルン気分で清流を渡り続け
ました。
夜は山岳会で用意したジンギスカンを全国各地から集まった人たちと賑やかに
食べ、楽しいひとときを過ごしました。
 翌日はしとしと降る雨の日でした。山荘から外に出てみると雨と霧で視界はよ
くありませんでした。その中をひたすら登り続け山頂に着きましたが視界は相変
わらず悪く眺望が開けませんでした。
 幌尻山荘に下山すると温かいラーメンをご馳走になりました。雨の中冷え切った
からだにはとてもおいしかったです。心のこもったおいしさを今でもよく覚えています。
 「川が増水しています。すぐに出発するので準備してください。」という山岳会の
方に促され急いで川に着くと前日とはうって変わった川の様子に驚きました。
きれいな浅瀬の清流が濁って川底が見えません。水は膝あたりまででしたがしだ
いに水量が増しているのがわかりました。山岳会の方の懸命なサポートによって
取水口までたどり着きました。
雨と霧で視界もききませんでしたが、平取町山岳会会員のみなさんの献身的な
サポートに頭が下がる思いです。単独行だったら遭難していたかもしれません。
 幌尻山に登れなっかったり遭難していたら100名山にはつらながらなかったと思
います。
 平取町山岳会のみなさん、本当に有り難うございます。あらためて感謝申しげます。
 
 
by 161212 | 2009-07-28 10:09 | Comments(0)

深田久弥氏選「日本百名山」完登を目指して エピローグ      富士山剣ヶ峰(標高3.776m) 

8合目からの風景
山小屋「太子館」
d0106628_4205367.jpg

登ってくる登山者
d0106628_4211399.jpg

静岡方面の風景
d0106628_4212818.jpg

 ※ 富士山は遠くから眺めれば容姿端麗な美しい山ですが、山の中にはいると美しいと言うよりも
   火山岩と火山礫の荒々しい山という感じです。
   せめて晴れて視界がよければ、まわりの風景が見えるはずですが、雨と霧で河口湖や山中湖
   しか見えませんでした。

  日本100名山の思い出
     国後島が霧の晴れ間にさーと見えた北海道「羅臼岳」山頂
     (標高1,660m  1,996年8月14日登頂)

 北海道斜里町字ウトロの岩尾別温泉口から登りました。
途中急登がありきつかったのですが、頂上直下の羅臼平に出て、天気も快晴、風
が心地よく吹いていました。
 頂上への登り口に銀冷水という清水がありました。喉の渇きを潤し、水筒の水
を入れ替え頂上へ進みました。頂上はなぜか霧に覆われ360°真っ白でしたが
突然、霧がさっと晴れ青い海に浮かぶ国後島がはっきり見えました。 爺々岳(ち
ゃちゃだけ、標高1.822m)もかすかに見えました。
時間にして30~60秒ぐらいでしょうか。とても印象的でした。
 下山後は、岩尾別温泉露天風呂に入り山の疲れを癒やし至福の時を過ごしました。
ウトロにはホテル「地の涯」がありました。いつかここに泊まって知床や羅臼岳の風
景や高山植物を撮りたいと思います。

 ※ 国後島ははロシアに占有されていますが、日本固有の領土です。一日も早い本
   土復帰を願っています。。
by 161212 | 2009-07-27 04:37 | Comments(2)

深田久弥氏選「日本百名山」完登を目指して エピローグ      富士山剣ヶ峰(標高3.776m) 

7合目東洋館(山小屋)
d0106628_53376.jpg

 ※ 25年前の家族登山で4人で泊まった山小屋、5年前に建てかえたそうです。
   当時は小5の長男と5歳の二男をつれて懐かしかったです。
   その夜は大風が吹いて、雷が鳴って、大粒の雨が降って大嵐の夜でした。
急登の登山道
d0106628_541111.jpg

 ※ この急登の登山道を上りきって8合目の須走下山道まで登りました。今考えると5歳の子が
   よく登れたものだと今更ながら感心しました。


日本100名山の思い出
  雷は(上から)落ちるものと思っていましたが、横からも、下からも来ることがあると初めてわかった
  奈良県 大台ヶ原日出が岳
  (標高1,695m    標高2,007年10月13日登頂)
  
  この山は、日本有数の多雨地帯であるとともに雷の多発地帯でもあるらしい。頂上展望台に掲示
  されている注意事項には、「雷は上ばかりではなく横からも、下からも来ることがあるから注意して
  ください。」と書かれてありました。
  よく見れば頂上展望台にはかどかどに避雷針が5本ほど立っていました。また、駐車場の山小屋
  レストハウス、管理事務所などの屋根にも避雷針が林立していました。

  大台ヶ原ばかりではなく、紀伊半島には鹿がたくさん生息しているようです。頂上展望台の付近に 
  も10頭ぐらいの鹿が集まってきました。
  

 
    
 
by 161212 | 2009-07-26 05:34 | Comments(2)

深田久弥氏選「日本百名山」完登を目指して エピローグ      富士山剣ヶ峰(標高3.776m) 

7合目からの風景
眼下に見える河口湖
d0106628_6382599.jpg

上方に見える山小屋
d0106628_6391015.jpg

 ※ 2枚目、下部の黒い部分は落石防護壁です。

日本100名山の思い出
 これまで生きてきた中で一番おいしい「ご飯」をいただいた中央アルプス御嶽頂上山荘
  標高3,067m 1,999年7月31日登頂

 御嶽頂上山荘には1泊2食で宿泊しました。食事に出されたご飯がとてもお
しくこれまで食べたご飯の中で一番おいしかったです。3,000mの高地な
のでめっこめし(福島では生煮えのご飯をこのように言います。)かと思いま
したが、ガスの圧力釜で炊いているそうです。
 レストランや私の家内が炊く日頃のご飯よりもはるかにおいしかったです。
 
 上り口から一般登山客よりも白装束で木製の金剛杖を持った信仰登山者の数
のほうが多いのには驚きました。みんなそれぞれ集団で「六根清浄」と声を合
わせ大きな声で唱えながら登っていました。
 頂上山荘の少し上の頂上である剣が峰には立派な御嶽神社があってその正面
に4~5人の行者姿の方達がかがり火を焚きなにやら呪文を唱えていました。少し
暗くなってから頂上の剣が峰に着いたので不気味な感じがしました。
 翌朝、雨でしたがたくさんの信仰登山者が頂上に登ってきて、頂上山荘の隣
の参詣所で金剛杖に登山の証明になる焼き印を押してもらっていました。
信仰登山者には焼き印の数が自慢だそうです。
by 161212 | 2009-07-25 07:42 | Comments(0)

深田久弥氏選「日本百名山」完登を目指して エピローグ      富士山剣ヶ峰(標高3.776m) 

7合目から8合目の登山道の風景
d0106628_5544696.jpg
d0106628_555470.jpg

 ※ 登山者を土砂崩れと落石から守るために登山道沿いに作られた防護壁

日本100名山の思い出
  つらい登山でしたが初めて雷鳥に出会えた北アルプス「笠ガ岳」
  (標高2,897m  1,998年7月30日登頂)

 麓から見ると山頂が笠のように見えるから「笠ガ岳」というそうです。
 新穂高温泉から急勾配の笠新道をはいつくばるようにして登りましたが、
笠新道分岐(抜戸岳と笠ガ岳への分岐点)からは、稜線上のゆるやかな登山
道でした。道の両側には這い松が群生し、快晴でしたので抜けるような青空
が広がり、吹く風もさわやか、登りの疲れも吹き飛んでしまうようなルンル
ン気分の歩行でした。
 登山道の左側に動くものが、よく見ると雷鳥の夫婦でした。北アルプスや
南アルプス、それに新潟県の火打山に生息するといわれる雷鳥です。
 初めての出会いでした。
驚いたことにはこの雷鳥は私を恐れず先になりに後なってついてくるではあ
ませんか。心はますますうきうき軽やかになりました。
 登山者が食べ物を与えるのですっかり餌づけされたのではないかと思いま
す。
 やがて、雷鳥とも別れ山頂に着きました。その後は急勾配を下るのですか
ら大変でした。一歩下りるごとに足に衝撃がくるので筋肉痛がだんだん激し
くなり、そのうち関節が少しかくかく(がくがくほどではありません)して
きました。上り8時間、下り7時間かかりました。
 足に痛みがあるので、その日は「槍見館」という温泉旅館に泊まりました
「槍ガ岳」が見えるからこの名が付いたらしいです。
 露天風呂では、「雨が降っているので笠かぶって入ってください。」とのこと
でした。笠をかぶって露天風呂に入ったのは、後にも先にもこのときだけです。
by 161212 | 2009-07-24 06:01 | Comments(0)

深田久弥氏選「日本百名山」完登を目指して エピローグ      富士山剣ヶ峰(標高3.776m) 

6合目から7合目の登山道沿いの風景
d0106628_7295285.jpg

 ※ 土砂崩れ・落石防護壁沿いの登山道を行く登山者
d0106628_8201560.jpg

 ※ 真ん中に白く見えるのは山中湖です。雨はずっと降っていましたが山麓のほうが少し見えてきました。

  日本100名山の思い出
    少し楽をしようとして新車が摺り傷だらけになった「トムラウシ山」短縮登山口駐車場
    北海道「トムラウシ山」標高(2,141m)
    
    この山で7月16・17日遭難された10人の方のご冥福をお祈り致します。
    同じ山を愛する者として本当に残念に思います。
    トムラウシ山での遭難のニュースを知ったのは、富士山剣ヶ峰登頂後の富士山本8合目トモ
    エ館(山小屋)のテレビデでした。
    
     この山には、1,996年8月17日に登頂しました。
    トムラウシへの登山ルートは、旭岳温泉、層雲峡温泉、十勝連峰からの縦走路と日帰りコー
    スのトムラウシ温泉からの4つあります。
     日帰り登山ができるのはトムラウシ温泉口だけです。その他は1~3泊しなければならない
   コースらしいです。
    トムラウシ温泉からも登りだけで7時間はかかりました。下りは5時間です。
   私は自分の体力を考えトムラウシ温泉口から登りました。その日の前日はどしゃ降りの雨でし
   たが、登山当日は快晴、登山道ははじめ泥濘でしたが、登るにつれ平たい瓦のような石という
   か岩が積み重ねられたような登山道が続きました。
    特に、つらい山でもなく私にとっては高山植物も咲いている楽しい登山だったように記憶して
   います。
    トムラウシ温泉口には、国民宿舎「東大雪荘」があって露天風呂の湯量は驚くほどでした。
    登山後、露天風呂にゆっくり入って山の疲れをとりました。

    温泉から少し車で上がると短縮登山口がありました。他の登山者の車が数台駐車していま
    したので、私も車を止めましたら下山してきた方でしょうか「この先もう少し車で行けますよ」
   と教えてくれました。言われたとおり進みましたら、道の両脇から笹や小枝が出ており車の両
   サイドのすれる音が聞こえ、戻るに戻れず進んでいったら2台分の駐車スペースがありました。
   車をよく見たら擦り傷だらけ、帰りも同じ道を通りましたので傷は倍になったようです。
    板金するほどではありませんでしたが、塗装費は2万円くらいかかりました。
   およそ200mの距離を楽をしようとして車で進んだためでした。
    なお、当時のマイカーは三菱シャリオで購入後1ヶ月でした。
   
 
 
by 161212 | 2009-07-23 08:04 | Comments(0)

深田久弥氏選「日本百名山」完登を目指して エピローグ      富士山剣ヶ峰(標高3.776m) 

5合目から6合目の登山道沿いの風景
d0106628_4325997.jpg
d0106628_4331239.jpg

 ※ 5合目までは緑濃い樹林帯ですが、5合目からは火山砂礫に生える丈の低い植物だけです。
   写真に見える工作物は土砂崩れと落石防止のためのものです。
d0106628_4332512.jpg

 ※ 登山指導センター・富士山の交番です。

 日本100名山の思い出
  精も根も尽き果てそうになった「「那須連山」縦走
  栃木県那須連山からは、100名山として「三本槍岳」(標高1,917m)が選ばれています。
  この山には1,992年8月10日に登頂しました。
  はじめはロープウエイー山頂駅までゴンドラで上がり、茶臼岳(10;00発)→ 朝日岳 → 三本槍岳
  → 福島県甲子山 → 甲子温泉(20:00着)まで縦走しました。
  三本槍岳までは視界も開け、頂上や山の尾根から見える風景も素晴らしく、吹く風もさわやかで心
  地良かったかったのですが、三本槍岳を過ぎて福島県側に入ると緑のトンネルのような登山道にな
  り、視界もきかずアップダウンが激しくて、体力的にも限界すれすれになり、飲料水も底をつき汗もつ
  ばも出ない状態になりました。
  精も根も尽き果てそうになってようやく甲子温泉「大黒屋」に(20:00)たどり着きました。あたりは真っ
  暗闇でした。
  さらに追い打ちをかけるように旅館の自販機でいつもの「スーパードライ500mm」を買いましたが、
  自販機の故障で生ぬるいスーパードライが出てきました。「冷たいビールを楽しみにやっとたどり着い
  たのに」と残念でした。
  その日以来、縦走はしないことにしました。 また、自分の体力の限界をよく知ることが大切であること
  を実感した登山でした。
by 161212 | 2009-07-22 05:10 | Comments(0)