<   2013年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

福島県伊達郡桑折町 「奥州街道 桑折宿雛めぐり」

桑折宿ひなめぐり
 〇 この店の入り口には、地元の言葉が書かれていました。
d0106628_11532739.jpg
d0106628_11534560.jpg
d0106628_1154565.jpg

 〇 桃雛ー桑折町は桃の産地です。毎年、皇室に献上されています。
d0106628_11542011.jpg

by 161212 | 2013-02-27 11:56

福島県耶麻郡北塩原村 「裏磐梯雪まつり」

普天間かおりさんのミニライブリハーサル
 〇 本番では、聴衆がたくさん集まったので声しか聴けませんでした。
d0106628_6553937.jpg
d0106628_6555677.jpg
d0106628_6561389.jpg

「おかちゃん」

 〇 地元TV局で放映されている「日本一周ぷくっ旅」のキャスター
d0106628_6595575.jpg

 ※ 「おかちゃん」は、福島復興のタスキをかけ、全国を歩いて旅しています。今は、
   岩手を歩いているそうです。もし、「おかちゃん」に出逢ったら、ねぎらいの言葉
   をかけてください。
by 161212 | 2013-02-26 07:02

福島県伊達郡桑折町 「奥州街道 桑折宿雛めぐり」

 福島県では、あちらこちらで「雛めぐり」のお知らせが聞こえてきます。2月20日に、隣町の桑折町を訪ねました。旧佐久間邸は、古民家だけに飾られたお雛様でしたが、ここのひな飾りは、商店街の店、一軒一軒に飾られています。

桑折宿雛めぐり
 〇赤い人形は、「サルボボ」といいます。

d0106628_6593919.jpg
d0106628_70513.jpg

d0106628_70203.jpg
d0106628_703876.jpg
d0106628_705713.jpg
d0106628_711156.jpg


 ※ どこの店でも歓迎していただきました。吊るし雛ばかりではなく、明治時代に作られた
   段飾りのお雛様も飾られていました。
   
   

    「サルボボ」の由来:飛騨弁では、赤ちゃんのことを「ぼぼ」と言い、「さるぼぼ」は「猿の
   赤ん坊」という意味である。災いが去る(猿)、家内円(猿)満になるなど、縁起の良い物
   とされ、お守りとしても使われている。近年では、土産として飛騨地方の観光地で多く見
   られる。
                               (フリー百科事典:Wikipediaから抜粋)
by 161212 | 2013-02-25 07:04

福島県耶麻郡北塩原村 「裏磐梯雪まつり」

 2月21・22・23・24日、「裏磐梯雪まつり」が、裏磐梯ビジターセンター・レンゲ沼を会場として行われました。
 写真は、23日(土)に撮ったものです。当日は晴れていましたが、とても寒い日でした。ビジターセンターでは、普天間かおりさんのミニライブがあったりとても楽しい一日でした。

裏磐梯雪まつり
d0106628_20232236.jpg

ほのぼの家族のアイスクリーム作り
d0106628_20313556.jpg
d0106628_20374589.jpg

d0106628_2042954.jpg

d0106628_20515142.jpg


 ※ 一人で作っている子も、お母さんと二人で作っている子にも近くには、ほかの家族がと笑顔で見守ってい   ました。   
by 161212 | 2013-02-24 20:43

秋田県男鹿市 真山神社 「なまはげ柴灯祭り」

なまはげ体験コーナー
 〇 左側の女性は、この子のママかと思っていましたが、男鹿市役所の職員みたいです。
d0106628_8443445.jpg

 〇 なまはげに変身
d0106628_8452984.jpg
d0106628_8454330.jpg

なまはげごっこ
d0106628_847381.jpg
d0106628_8473632.jpg

 〇 一人の男の子が近くにいたので、「なぐ子は、いねがー」と叫びながら寄ってきました。
d0106628_8474486.jpg

by 161212 | 2013-02-23 08:53

山形市蔵王 地蔵山

 ヘリコプターが飛び去った後、すぐにこのパラグライダーがどこからともなく飛んできました。樹氷原・地蔵山頂あたりを何回も旋回していました。

樹氷原とパラグライダー
d0106628_7365560.jpg

d0106628_7373254.jpg
d0106628_7392564.jpg
d0106628_7381795.jpg


 ※これで1月28日に撮影した蔵王の写真の掲載を終了します。
by 161212 | 2013-02-22 07:46

秋田県男鹿市 「なまはげ柴灯祭り」

なまはげ踊り
 〇 右わきの焚火が「柴灯火」と言います。
d0106628_7363629.jpg
d0106628_7371224.jpg

柴 灯 火
d0106628_7382028.jpg
d0106628_7383347.jpg

by 161212 | 2013-02-21 07:39

山形市蔵王 地蔵山

お地蔵様
 ◎ 現在のお地蔵様(お賽銭箱がスキーにのっています。)
d0106628_7172841.jpg

 ◎ 参考:2009年10月25日のお地蔵様
d0106628_7335580.jpg

 ◎ 両親は近くにいますが、一人でお参りした女の子
d0106628_7213116.jpg

 ◎ お参りした後で記念撮影する若い二人
d0106628_724778.jpg

写真が大きくなりますので、写真をクリックしてご覧ください。
 

 ※ なぜか、ロープウエイで上がってくる人たちは、必ずと言っていいほど、
   お参りします。

   お地蔵様の歴史:
    安永4年(1775年)、蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅東約100メートルに、 諸願成就・災難よけとして宝    沢の庄屋によって、37年もの長い歳月をかけ建立されました。
   高さ2.34メートル、肩幅1.2メートル、膝幅1.8メートル、台座の高さ0.34メートルの坐像で、安山岩でで   きたお地蔵さまです。
by 161212 | 2013-02-20 07:26

秋田県男鹿市 「なまはげ柴灯祭り」

なまはげ下山
 ◎ 入魂された男衆は、なまはげとなって下山しました。
d0106628_042198.jpg

下山したなまはげ
d0106628_0431660.jpg

d0106628_0435451.jpg

d0106628_037215.jpg

d0106628_038157.jpg

by 161212 | 2013-02-19 00:10

山形市 地蔵山

ヘリコプター、樹氷原を飛ぶ
 ◎ 怪獣に飲み込まれそう。
d0106628_132419100.jpg

 ◎ 霧の中に突入する。
d0106628_13251365.jpg

登山者が一人
 ◎ 霧の中に
d0106628_13254493.jpg

 ◎ 霧晴れて
d0106628_13269100.jpg

写真が大きくなりますので、写真をクリックしてご覧ください。
by 161212 | 2013-02-18 13:18