<   2014年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

夏の北海道旅行 空知郡中富良野町「ファーム富田」編




白いカスミ草に赤いポピーが二輪

d0106628_17354561.jpg








花の写真を撮る彼女と見守る彼

d0106628_17360598.jpg









花の中を散策する女性

d0106628_17361420.jpg









母と子で散策中

d0106628_17364429.jpg







同じく母と子が

d0106628_17362421.jpg








彼女を撮る彼

d0106628_17365657.jpg









彼を撮る彼女
私にもこんな時があったかな

d0106628_17370427.jpg





by 161212 | 2014-07-31 17:48

夏の北海道旅行 空知郡中富良野町「ファーム富田」編



ラベンダー

d0106628_07035036.jpg









d0106628_07041269.jpg









花園を歩く若いカップル

d0106628_07043265.jpg









カスミ草

d0106628_07045470.jpg









花園を歩く女性

d0106628_07051467.jpg



by 161212 | 2014-07-30 07:09

夏の北海道旅行 空知郡中富良野町「ファーム富田」編



この日の早朝の十勝連峰
左端が主峰「十勝岳」標高2,077m

d0106628_11022944.jpg









なんかメルヘンの風景のように思えて

d0106628_11021312.jpg








白と赤いサルビア

d0106628_11023555.jpg









ラベンダー畑

d0106628_11025678.jpg








青いサルビア

d0106628_11024436.jpg







青いサルビアと建物

d0106628_11030469.jpg






※ ファームの建物は、売店、工場、管理施設、休憩所などがあります。それぞれが花園に似合うように造られています。

  今から18年前の1996年8月9日から8月19日の11日間で、北海道にある9つある100名山のうち、7つの100名山
 に登りました。
  大雪山旭岳、斜里岳、十勝岳、羅臼岳、雌阿寒岳、トムラウシ山、シリベシ山です。車に泊まっての100名山登山でした。
 2002年7月7日に幌尻岳、2004年7月7日に利尻岳に登って、北海道の9名山を完登しました。


by 161212 | 2014-07-29 11:15

夏の北海道旅行 「空知郡中富良野町 ファーム富田 編」



中富良野市街を見下ろして

d0106628_08470250.jpg









赤いサルビア

d0106628_08471111.jpg







花名不詳
d0106628_08471850.jpg








マリーゴールド
d0106628_08473226.jpg







青いサルビア

d0106628_08474858.jpg







電車が走る
富良野~旭川線

d0106628_08475668.jpg





※ 二日間、通いました。1日目は午前4時30分頃、2日目は5時頃です。観光地は
 だいたい9時過ぎから環境客が押し寄せるのが一般的なので、その前に写真を撮ろ
 うと思って早めにしました。
  
  
  


by 161212 | 2014-07-28 09:07

夏の北海道旅行 「空知郡中富良野町 ファーム富田 編」



ファームから見た十勝連峰

d0106628_05470934.jpg







花の名不詳

d0106628_11191659.jpg








d0106628_11194592.jpg









カスミ草とラベンダー

d0106628_11201250.jpg








ホテルレストランガラス越しに見た夕日の十勝連峰

d0106628_05472337.jpg





※ ファーム富田は、昨年でしたかオーナーの富田氏がテレビに出演して、ファームの歴史について
 お話し下さいました。
  こんなに立派なファームでも入場料無料、入場時間も決まっていなくて、いつでも入れるようで
 す。
  ファームはラベンダーとか農作物からの収入で運営しているそうです。


by 161212 | 2014-07-27 06:02

夏の北海道旅行 「上川郡美瑛町 四季彩の丘 編」



花の空風景

d0106628_05393262.jpg








ラベンダー園を行く

d0106628_05391805.jpg







ラベンダー畑を行き交う人々
d0106628_05385950.jpg







花園の中の女性
d0106628_05384791.jpg







きれいな花な花の手入れ作業する人たち
こういう人がきれいな花園を支えているんですね。
d0106628_05383161.jpg




※ 美瑛町とファーム富田の写真を撮るのに富良野市の公共の宿に2泊しましたが、
 夕食では色彩の丘と同様にアジア系の外国人がたくさんいて、大きな声で自国語
 を話し、外国の富良野という感じでした。
  温泉もマナーとかが日本人と違っていてなんか落ち着きませんでした。

  2泊目からは、ほぼ日本人の宿泊者だけになり、日本人の習慣とか慣習だけと
 なりやっと落ち着きました。


by 161212 | 2014-07-26 06:00

夏の北海道旅行 「上川郡美瑛町 四季彩の丘 編」

美しい花と空

d0106628_16093653.jpg









花とご婦人

d0106628_09590615.jpg








ラベンダーと女性

d0106628_09585319.jpg










花と女性

d0106628_09593225.jpg







d0106628_09584609.jpg






※ 「四季彩の丘」は協力金200円で入園で来ます。いろいろな花がたくさん咲いていて
 見ごたいがあります。
  6年前はそんなに多くありませんでしたが、アジア系の外国人がたくさん来ていて、
 大きな声で自国語を話していました。外国にいるようです。

  散策路にはトラックターに客車を取り付け「ノロッコ号」と称して一周500円の料金
 を取って、また、バギー車も一周500円の料金です。
  
  私は、静かな花園を心落ち着けて花を観賞したかったのに、外国人の声、各車両から
 上がる砂塵、北海道に来て一番北海道らしくないところと感じました。
  しかし、花はきれいでした。 


by 161212 | 2014-07-25 10:18

夏の北海道旅行 「上川郡美瑛町 編」





赤麦畑
かな

d0106628_10112335.jpg









これは何模様というのでしょうか
ジャガイモ・春巻き麦・秋まき麦その他

d0106628_10113598.jpg





麦畑とジャガイモ畑

d0106628_10120821.jpg







ソバ畑

d0106628_10111417.jpg








これも麦畑かな

d0106628_17592013.jpg







丘の畑と空

d0106628_10123696.jpg







秋蒔き麦

d0106628_10114934.jpg





※ 丘陵地帯の畑ですからきれいですし、起伏に富んで立体的な風景が見られます。
 私は、これで3回目の訪問ですが何回来てもいいですね。
  正面に十勝連峰があるのですが、雲に隠れて今日は見えませんでした。


by 161212 | 2014-07-24 10:34

夏の北海道旅行 「上川郡美瑛町 編」


ケンとメリーの木
白い花はソバの花

d0106628_05395099.jpg









麦  畑

d0106628_14515798.jpg


  






ソバ畑と名もない木

d0106628_05403164.jpg









野鳥「ノゴマ」
レンズが短すぎて目が撮れていません。

d0106628_05415893.jpg









麦 畑

d0106628_14521113.jpg









飛行機が降下してきました。
丘の向こうが旭川飛行場
d0106628_05424126.jpg




※ 「ケンとメリーの木」は日産自動車の「スカイライン」のCMに用いられた。
   野鳥「ノゴマ」
     分類:スズメ目・ツグミ科


by 161212 | 2014-07-23 06:00

夏の北海道旅行 「ノロッコ号で行く釧路湿原 編」



ノロッコ号機関車

d0106628_08392382.jpg









客 車 

d0106628_08411910.jpg








客車内

d0106628_08401231.jpg








途 中 駅

細岡駅、外は台風8号の影響で雨が降っていました。
幸い翌日釧路を出たのでその後の大雨には遭いませんでした。

d0106628_08393989.jpg









釧路湿原駅

ここで下車して遊歩道を歩いたり
展望台で湿原が見渡せるそうです。

d0106628_08402998.jpg







湿原の風景

d0106628_08405674.jpg









d0106628_08395236.jpg








終着塘路駅
ここから同じノロッコ号で釧路駅に戻りました。

d0106628_08414445.jpg









釧路駅でノロッコ号から降りたかわいい乗客さん
幼稚園の遠足かな

d0106628_08415879.jpg






※ 湿原の風景をたくさん撮りましたが、走って揺れる列車なのでピンボケ・カメラブレで
 残念ながら掲載することができません。
  釧路川が蛇行して流れているのは、源流から河口までの標高差が120mしかないから
 だそうです。(車内アナンスから)
  その後、北海道の流れを見ているとほとんどがゆったり流れているようでした。

  ノロッコは、釧路湿原の中心部を時速30kmというスピードで走る日本一遅い列車で
 す。平成元年に誕生しました。
  平成10年新型車両運行開始で、大型解放窓に高床面、6人掛けのクロスシートと、2人
 掛け横向き椅子です。


by 161212 | 2014-07-22 09:06