<   2015年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

福島県南会津郡下郷町 秋の大内宿 ②

10月24日撮影
(画像が大きくなりますので画像をクリックしてご覧ください。)









お土産やさんの賑わい

d0106628_05554473.jpg
















d0106628_05553679.jpg
















d0106628_05552670.jpg
















d0106628_05551393.jpg
















d0106628_05550784.jpg









※ 時間が経つにしたがって、観光客が増えてきました。全国的に外国(主に中国)人観光客が多く見られますが、ここはほんの少ししか見られません。






by 161212 | 2015-10-30 06:02 | Comments(0)

福島県南会津郡下郷町 秋の大内宿 ①

10月24日撮影
柳津虚空蔵尊からコブシラインを通て大内宿によりました。









正面高台から望む街並み

d0106628_13425358.jpg
















イチョウの黄葉と茅葺屋根

d0106628_13432774.jpg
















観光客がたくさん来ていました。

d0106628_13431474.jpg
















土産店

d0106628_13432088.jpg











大内ダム湖

d0106628_13424416.jpg







※大内宿 

  江戸時代に会津西街道(別名:下野街道、南山通り)の宿場として、寛永20年(1643年)頃に開かれ、盆地内を北北東から南南西に貫く街道に沿って整然とした屋敷割の街並みが形作られた。同街道は、会津藩・若松城(会津若松市追手町。地図)を出ると、福永宿(会津美里町氷玉福永。地図)、関山宿(会津美里町氷玉関山。地図)を経て山岳地に入り、氷玉峠(地図)および大内峠(地図)を越えて大内宿に入った。大内宿からは中山峠(地図)を越えて倉谷宿(地図)に入り、日光街道・今市宿(栃木県日光市今市。地図)へと至った。若松城から江戸までは61里、56日ほどの旅程であるが、若松から5里の距離にある大内宿には本陣や脇本陣が設置され、会津藩の参勤交代や迴米の集散地として重要な駅となった[5]。 (ウイキペデアから抜粋)

 



by 161212 | 2015-10-29 13:48 | Comments(0)

福島県河沼郡柳津町 秋の「福満虚空蔵尊圓蔵寺」②

10月24日撮影
(画像をクリックすると大きな画像になります。)










境内から望む只見川

d0106628_19551355.jpg
















本 堂

d0106628_19552061.jpg
















本堂入口の上部の彫刻

d0106628_19553294.jpg
















只見川にかかる橋上から望む円蔵寺

d0106628_19553920.jpg











※ 只見川は尾瀬ヶ源ではヨッピ川やがて三条の滝・平滑ノ滝をくだり只見川となる。その後新潟県で阿賀野川と合流する。





by 161212 | 2015-10-28 20:05 | Comments(0)

福島県河沼郡柳津町 秋の「福満虚空蔵尊圓蔵寺」

10月27日撮影
紅葉が盛りかと思い出かけましたがまだでした。









境内の紅葉

d0106628_20170208.jpg














d0106628_20165070.jpg













d0106628_22211494.jpg














d0106628_20161934.jpg






※ 円蔵寺は、福島県河沼郡柳津町にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は霊岩山。本尊は釈迦如来。この寺にある虚空蔵堂は「柳津虚空蔵」として知られ、村松山虚空蔵
 堂・金剛證寺などと共に日本三虚空蔵のひとつに数えられる。また、「福満虚空蔵」とも称される。毎年1月7日に七日堂裸まいりが行われる。
                                                        (ウイキペデアから抜粋)



  


by 161212 | 2015-10-27 20:19 | Comments(0)

福島県耶麻郡北塩原村 裏磐梯「五色沼自然探勝路」 ②

10月24日撮影
(画像をクリックすると大きな画像になります。)








五色沼探勝路の紅葉

d0106628_17133527.jpg
















d0106628_17131711.jpg
















d0106628_17125202.jpg
















d0106628_17123786.jpg














ワンちゃん

d0106628_17112577.jpg
















家 族

d0106628_17121943.jpg
















山ガール

d0106628_17130107.jpg










ナイス熟年カップル

d0106628_17120295.jpg
















d0106628_17113369.jpg







※ さわやかな秋晴れの下、老いも若きもみんな楽しそうに生き生きと歩いていました。
 私もリフレッシュできました。





by 161212 | 2015-10-26 17:16 | Comments(0)

福島県耶麻郡北塩原村 裏磐梯「五色沼自然探勝路」 ①

10月24日撮影









秋の五色沼周辺

d0106628_07475052.jpg















d0106628_07481234.jpg


















d0106628_07490015.jpg















d0106628_07484138.jpg














五色沼と磐梯山

d0106628_05300257.jpg















五色沼

d0106628_07554331.jpg














五色沼自然探勝路(裏磐梯観光協会HPから抜粋)


                    トレッキングチャート 五色沼入口→(10分)→毘沙門沼→(25分)→赤沼→(3分)→みどろ沼→(5分)→竜沼→(4分)→弁天沼(6分)→瑠璃沼→(3分)→青沼→(10分)→柳沼→(4分)→裏磐梯高原駅









※五色沼は実にさまざまな青色を見せてくれます。その中の一つの沼はアシの根元に、酸化鉄の沈殿物が付着し赤みがかってるものもあり、赤沼と呼ばれます。 五色沼の   水の色は、水中の微粒子の大きさによります。例えば、大きな微粒子ですと、光のスペクトルが含まれています。アロフェンは主としてアルミニウムや珪酸などからできています。アロフェンは強酸性の水では形成されません。磐梯山の噴火口から五色沼へ流れ出る酸性の水は温泉のアルカリ成分によって中和されます。青沼、瑠璃沼、弁天沼、竜沼、みどろ沼や毘沙門沼はアロフェンのために青白色しています。(裏磐梯観光協会HPから抜粋)






  


by 161212 | 2015-10-25 05:56 | Comments(0)

福島市 秋のあづま総合運動公園

10月23日撮影









イチョウ並木

d0106628_07093538.jpg











銀杏を拾うご婦人

d0106628_07100852.jpg
















落ち葉の中の我が家のシーズー犬
(わんこさん)

d0106628_07102872.jpg
















駐車場の紅葉

d0106628_07092672.jpg











付近のコスモス畑

d0106628_07095344.jpg







※ 画像をクリックすると画像が大きくなります。




by 161212 | 2015-10-24 07:17 | Comments(0)

福島県耶麻郡北塩原村 「秋元湖の朝」

10月22日撮影
天気予報を信じて出かけましたが雨が降ってきたので、すぐに帰りました。









早朝の秋元湖

d0106628_09002658.jpg















d0106628_09110437.jpg








※ 朝焼けの撮影で全国的に有名な秋元湖、十数年ぶりに行きましたが雨がぱらついてきたので、撮影を終了して帰宅しました。今年は紅葉がきれいなのでまた出かけま     
 ます。





by 161212 | 2015-10-23 09:07 | Comments(0)

福島県二本松市 霞ヶ城「二本松菊人形展」⑤

10月18日撮影









菊を用いたガーデニング

d0106628_15220544.jpg














d0106628_15223174.jpg














d0106628_15224570.jpg














d0106628_15225448.jpg










by 161212 | 2015-10-22 15:24 | Comments(0)

福島県二本松市 霞ヶ城「二本松菊人形展」④


10月18日撮影
今年の菊人形のテーマは、幕末・維新伝です。江戸時代末期と明治初期のことを菊人形で表現しています。









公武合体と皇女「和宮」

d0106628_07034066.jpg















池田屋騒動

d0106628_07035177.jpg
















薩長同盟

d0106628_07063104.jpg
















少年隊員の出陣(家族との別れ)

d0106628_07080627.jpg
















藩主「丹羽公」の出陣(×は丹羽家の家紋)

d0106628_07095010.jpg














おまけ
(美しい・かわいいという言葉がぴったりの「菊娘」)
d0106628_07130319.jpg










※ 二本松藩主・丹羽家家紋「丹羽違い木(にわちがいき)」という非常に面白い家紋である。
 専門家によればこれは災いを禁止する呪符紋で縁起がいいそうです。
 国指定の天然記念物になった二本松城箕輪門に掲げられた大きな白い幕には、二本松藩の御家紋が堂々と染め抜かれている。(ほかに「直違(すじかい)」
「違い棒(ちがいぼう)」と言う呼び方がある。)(二本松市HPから抜粋)







by 161212 | 2015-10-21 07:18 | Comments(0)