福島県いわき市白水 「白水阿弥陀堂の大賀蓮を訪ねて」 ①

7月24日撮影










国宝阿弥陀堂とアオサギ

d0106628_19535961.jpg
















大賀蓮
(阿弥陀堂側から撮影)

d0106628_19534829.jpg
















d0106628_19540923.jpg
















d0106628_19542068.jpg









  ※ 白水阿弥陀堂は、福島県いわき市にある真言宗智山派の寺である。 平安時代末期の建築で、県内唯一の国宝建築物に指定されている。
   国宝指定名称は単に「阿弥陀堂」。所有者は真言宗智山派願成寺で、正式名は願成寺阿弥陀堂である。また、その領域は白水阿彌陀堂境域として国の史跡に指定さ
   れている。
  
     大賀ハス(オオガハス、おおがはす)は、1951年(昭和26年)、千葉県千葉市検見川(現・千葉市花見川区朝日ケ丘町)にある東京大学検見川厚生農場        

  (現・東京大学検見川総合運動場)の落合遺跡で発掘された、今から2000年以上前の古代のハスの実から発芽・開花した古代ハスのこと。

                                          (フリー百科事典 ウイキペデアから抜粋)

 









    大賀ハスオオガハス


                                                    ((フリー百科事典 ウイキペデアから
               
  

   


by 161212 | 2016-07-24 20:17 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ogata215.exblog.jp/tb/23329222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 福島県いわき市白水 「白水阿弥... 福島県南会津郡桧枝岐村 「尾瀬... >>