福島県会津若松市 曹洞宗龍興寺

はす
d0106628_6514893.jpg

by 161212 | 2007-07-22 06:52 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ogata215.exblog.jp/tb/5839002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Newman at 2007-07-22 23:07 x
161212さん、こんばんは。
ご無沙汰しております。

もう、蓮が花開く季節がやってきましたか...。
「泥の中から美しい花を咲かせる蓮」などとよく譬えられる花ですが、私の好きな花のひとつでもあります。
英語では "Water Lily" あるいは単に "Lily" と呼ばれ、水上に咲く百合として高貴な花と人々に愛されていますね。

2年前の夏、東京の蓮の名所である上野の不忍池に蓮を撮りにいったのですが、時期が少し早過ぎてほとんど咲いていませんでした。
その後は時期を逃してしまい...。
今年は機会があれば、大好きな蓮を撮影しにいきたいと思っています。
Commented by 161212 at 2007-07-23 18:00
Newman さん、コメントありがとうございます。
「睡蓮」と「はす」は同じかなと思っていましたが、違うんですね。仏教では、「はす」がよくでますが、泥の中から美しい花を咲かせるところにその意味があるそうですね。
Commented by Newman at 2007-07-23 21:08 x
161212さん、こんばんは。

よくよく考えたら、Water Lily は睡蓮でしたね...。
私の感覚では、「蓮は東洋的」であり、「睡蓮は西洋的」というようにも思えます。

たしかに蓮は仏教説話などに登場しますね。それから芥川竜之介の「蜘蛛の糸」の冒頭でも実に印象的に描かれています。
方や Lily (睡蓮) はというと、私は桂冠詩人テニスンの "The Lady Of Shalott" という詩で初めて英語でこう呼ぶのだとしりました。

蓮と睡蓮...どちらも水上に美しい花を咲かせますが、それぞれに趣きが違っていて美しいですね。
Commented by 161212 at 2007-07-23 22:01
Newman さん、わざわざありがとうございます。
そういえばフランスの画家「モネ」の作品に睡蓮を描いた絵がありましたね。
来年は、不忍池に行ってみたいです。
<< 福島県郡山市喜久田 郡山緑水苑 福島県南会津郡檜枝岐村 ミニ尾瀬公園 >>